東アジア地誌-朝鮮半島

表記について

地形

朝鮮半島の主な地形は次の図の通りです。
朝鮮半島の地形
朝鮮半島の地形

東高西低

上図のⒶⒷ間の断面は次の図の通りです。
朝鮮半島はほぼ安定陸塊で、半島東部に古期造山帯のテベク山脈が位置します。
「西高東低」の中国に対して、朝鮮半島は「東高西低」の地形です。

南西部の海岸

朝鮮半島南西部は、氷河期に海面が低くなり、河川が流れ込むことで深い谷が形成されました。
氷河期が終わって海面が上昇し、谷に海水が入り込みました。
そのため、朝鮮半島南西部の海岸は、リアス海岸になっています。
V字谷と溺れ谷
V字谷と溺れ谷

気候

朝鮮半島の気候
朝鮮半島の気候

各都市の雨温図

朝鮮半島の都市
朝鮮半島の都市
*比較用に日本の都市を含む
夏は南東季節風の影響で多雨、冬は北西季節風の影響で少雨になります。
ピョンヤンの雨温図
ピョンヤンの雨温図(Dw)
夏は南東季節風の影響で多雨、冬は北西季節風の影響で少雨になります。
ピョンヤンに比べてやや緯度が低いため、気温が高くなります。
元来Dwに属すが、近年は最寒月平均気温が数℃上昇しているのでCw
ソウルの雨温図
ソウルの雨温図(Cw)
新潟市はソウルとほぼ同緯度です。
しかし、冬の北西季節風が日本海上で水蒸気を補給するため、1年を通して湿潤になります。
新潟の雨温図
新潟の雨温図(Cfa)
日本海に面したプサンは、日本と同様の温暖湿潤気候になります。
プサンの雨温図
プサンの雨温図(Cfa)

伝統的な床下暖房装置

朝鮮半島や中国の東北地方では、伝統的な床下暖房装置のオンドルが利用されています。
この装置は、台所の炊事の煙を床下に通して部屋を暖めるものです。
オンドル
オンドル

伝統文化・宗教

文字

文字は、朝鮮語を表記するためのハングルが用いられています。
ハングル(例:キムチ)
ハングル(例:キムチ)

食文化

野菜に塩・香辛料を加えた漬物であるキムチが食されています。
キムチ
キムチ

民族衣装

女性の民族衣装として、チマ・チョゴリが着られています。
チマ・チョゴリ
チマ・チョゴリ

宗教

韓国の宗教別人口は、キリスト教が最も多くなります。
ただし、儒教の影響も強く残り、先祖・親・年長者を敬う心が大切にされています。

南北分断

歴史

第二次世界大戦後、朝鮮半島の南北に次の国が成立しました。
北部:
社会主義の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
南部:
資本主義の大韓民国(韓国)
1950~53年、南北間の朝鮮戦争が起きましたが、休戦協定が結ばれ戦闘は停止しました。
戦争は休戦状態で現在も続いています。
1990年、北朝鮮・韓国は同時に国際連合に加盟しました。
北朝鮮と韓国
北朝鮮と韓国
分断の象徴「板門店」
分断の象徴「板門店」

韓国

基礎データ

人口(万人)(2020)5,127
面積(万㎢)(2019年)10
人口密度(人/k㎡)513
1あたりGNI(ドル)(2019年)32,235
首都ソウル

人口

人口密度

韓国の人口密度は、世界有数の高さです。
国名面積(万㎢)(2019年)人口(万人)(2020年)人口密度(人/k㎡)
北朝鮮12.12578213.1
リベリア11.150645.6
ブルガリア1169563.2
キューバ111133103
グアテマラ10.91792164.4
韓国105127512.7
ハンガリー9.3966103.9

都市人口

2018年時点での都市人口率は81.5%です(日本は91.6%)。
ソウルの人口が約1,000万人で、国民5人に1人が首都に住んでいます(首都圏では2人に1人)。
このようにソウルは人口が一極集中する都市であり、プライメートシティの一つに数えられます。

教育・出生率

韓国の高等教育就学率は非常に高いです。
韓国では子どもの教育にかなりの費用がかかります。
このことが背景となり、近年出生率は深刻な低下を示しています。
韓国の人口ピラミッド
韓国の人口ピラミッド(2019年)

工業

漢江の奇跡

1960年代まで、韓国の工業は、衣料や食品などの軽工業が中心でした。
1970年代、韓国は日本の援助を得て、鉄鋼・造船・自動車などの重化学工業を発展させました。
この時期の韓国の急速な成長は、「漢江ハンガンの奇跡」と呼ばれています。
漢江
ソウルを東西に流れる川
1980年代以降、半導体産業が発達しました。
世界有数のIC生産国になりました。

財閥

1970年代以降の急速な経済成長は、政府と協力して事業を拡大する財閥が支えてきました
現在韓国の10大財閥の売上高は、GDPの6割以上を占めます。
反面、政府との癒着や非財閥との賃金格差などが問題になっています。
サムスン
サムスン
ロッテ
ロッテ

アジア通貨危機

1997年、タイの通貨バーツが大暴落し、韓国も打撃を受けました。
韓国の通貨ウォンが暴落し、失業やインフレなどが問題になりました。
深刻な経済危機に陥った韓国は、IMF(国際通貨基金)の支援などにより、経済状況は急速に回復しました
経済回復のためにIT産業を振興したので、固定ブロードバンドや固定電話の普及率は日本より高くなっています。

工業都市

韓国の工業都市
韓国の工業都市
ソウル
韓国の首都で、政治・経済・文化の中心地
インチョン
首都ソウルの外港都市
大規模なハブ空港が立地
ハブ空港
内外の航空路線がそこを拠点に各地へのびている空港
ハブ空港
ハブ空港
ポハン
日本企業の協力による製鉄所が建設され、重工業都市へと発展
ウルサン
自動車工業・造船工業・石油化学工業が盛んな都市
プサン
韓国最大の貿易港が立地する都市
国内第2位の人口をもち、古くから日本との交通の要地

生産上位の品目

農業

1970年代、韓国の経済成長が進むなかで、都市部と農村部の格差が拡大しました。
セマウル運動と呼ばれる農村の開発運動が推進され、土地生産性や食料自給率の向上が図られました。
しかし、経済格差の解消は今なお達成できていません
セマウル
「新しい村」の意

第3次産業

貿易

韓国 輸出品目(2020年、%)
機械類44.7
自動車10.4
プラスチック類5.4
石油製品4.5
鉄鋼4.3
韓国 輸入品目(2020年、%)
機械類32.6
原油9.5
精密機械4.2
自動車3.9
液化天然ガス3.4