熱帯

表記について

熱帯

3つの気候区

気候帯が寒帯(E)・乾燥帯(B)のどちらでもない場合、最寒月平均気温 18 ℃以上なら熱帯(A)になります。
熱帯(A)は、ここから3つの気候区に分かれます。
降水型がfならAf(ただし最少雨月降水量60mm未満ならAm)、降水型がwならAwです。

Af(熱帯雨林気候)


熱帯雨林気候の分布

特色・成因

赤道付近で太陽光の入射角が高いため、年中高温です。
また、太陽光が当たる日中は気温が著しく高くなるため、日中の気温の日較差が大きくなります。
そして、 赤道低圧 帯の影響で年中多雨になります。
こ上昇気流が発生しやすく、 スコール という対流性降雨の豪雨が午後に見られることも特色です。

植生

多種類の常緑広葉樹による密林を形成します。
南アメリカのアマゾン川流域の密林を セルバ 、これ以外の地域の密林を ジャングル と呼びます。

土壌

土壌は、雨に栄養分が流されて鉄分が多く残されます。
このような赤く酸性の土壌を ラトソル と言います。
この土壌は農業に適していません

ラトソル

生活

焼畑農業プランテーション農業が営まれます。
特に熱帯雨林気候のプランテーション農業は、天然ゴムカカオ油やしをよく栽培します。
高温多湿な環境のため、建物を高床することで通気性をよくしています。

分布・都市


該当する主な都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(シンガポール)

ハイサーグラフ(シンガポール)

Am(弱い乾季のある熱帯雨林気候)


弱い乾季のある熱帯雨林気候の分布

特色・成因

Af(熱帯雨林気候)とAw(サバナ気候)の中間型で、1~3ヶ月の弱い乾季があります。
Awは冬に乾燥する気候区

植生

Af(熱帯雨林気候)と同様ですが、落葉樹林が混じります。

土壌

 ラトソル と呼ばれる、赤く酸性で農業に適さない土壌です。

生活

焼畑農業プランテーション農業が営まれます。
特にAm(弱い乾季のある熱帯雨林気候)のプランテーション農業は、バナナさとうきびをよく栽培します。
高温多湿な環境のため、建物を高床することで通気性をよくしています。

分布・都市


該当する主な都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(マイアミ)

ハイサーグラフ(マイアミ)

Aw(サバナ気候)


サバナ気候の分布

特色・成因

Af(熱帯雨林気候)の周辺部に発達します
夏は 赤道低圧 帯に入り雨季に、冬は 中緯度高圧 帯に入り乾季になります。
雨季と乾季の区別は大変はっきりしています。
成因は、上記の通り低圧帯・高圧帯の移動です。
「気候要素」のところで見た図をもう一度見てみましょう。
大気の大循環を扱った時には触れなかったことですが、「赤道低圧帯」「中緯度高圧帯」「高緯度高圧帯」は季節ごとに南北に移動します
これは、地軸のずれにより、太陽の見かけ上の軌道が赤道から南北に移動するためです。
下図を見ると、太陽光が最も当たる部分は、夏至では赤道よりも北に、冬至では赤道よりも南に来ています。
太陽光が最も当たる部分に赤道低圧帯は生じますので、北半球が夏・冬の時、配置は次のように異なります。

北半球夏の配置

北半球冬の配置

植生

バオバブアカシアなど背の低い木からなる密度の低い林(疎林)、そして、長草草原が見られます。
これら疎林と長草草原の広がる地帯をサバナと呼びます。
バオバブ
バオバブ
アカシア
アカシア

土壌

土壌は、Af(熱帯雨林気候)・Am(弱い乾季のある熱帯雨林気候)と同じく、 ラトソル と呼ばれる、赤く酸性で農業に適さない土壌です。
しかし、玄武岩が風化してできた肥沃な土壌が分布する地域もあります。
インド デカン高原 に分布する レグール ブラジル ブラジル高原 に分布する テラローシャ です。
レグールは、黒色で 綿花 栽培に適した土壌で、テラローシャは赤紫色で コーヒー 栽培に適した土壌です。
レグール
レグール
テラローシャ
テラローシャ

生活

焼畑農業プランテーション農業が営まれます。
特にAw(サバナ気候)のプランテーション農業は、綿花コーヒーをよく栽培します。
高温多湿な環境のため、建物を高床することで通気性をよくしています。

分布・都市


該当する主な都市

リャノ(南アメリカ大陸北部の長草草原)

カンポ(ブラジル中部の長草草原)

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ

ダーウィンは南半球の都市なので、6~8月が冬にあたります。

雨温図(ダーウィン)

ハイサーグラフ(ダーウィン)