大陸の形成と大地形

表記について

大陸の形成

超大陸

約2億年前まで、地球上の大陸は、1つの巨大な大陸であったと考えられています。
この巨大な大陸をパンゲア(超大陸)と呼びます。
パンゲアは、やがて北半球のローラシアと南半球のゴンドワナの2つの大陸に分裂しました。
ローラシアは、現在の北アメリカやヨーロッパ、インド亜大陸を除くアジアで構成されました。
ゴンドワナは、現在の南アメリカ・アフリカ・マダガスカル・オーストラリア・インド亜大陸で構成されました。
現在の大陸は、ローラシア・ゴンドワナがさらに分裂して形成されたと考えられています。
大陸移動説
大陸移動説

プレートテクトニクス

大陸移動説

「1つの巨大な大陸が分裂して現在の大陸になった」という学説は、ウェゲナーに提唱され、大陸移動説と呼ばれています。
ウェゲナー本人は、なぜ大陸が移動するかを解明できませんでした。
しかし今日では、プレートテクトニクスで説明できます

プレート

地球の表面には、プレートと呼ばれる岩盤が十数枚存在しています。
プレートは下部のマントル対流で移動します。
このようなプレートの動きや仕組みのことを、プレートテクトニクスと言います。
大陸の移動は、プレートの動きによって生じたのです。
地球の断面とプレート
地球の断面とプレート
*厳密な意味でのプレートとは少し異なる
主要なプレート
主要なプレート

現在の大陸

表面積

地球の全表面積は5.1億㎢です。
また、陸地と海洋の面積比率=3:7です。
従って、「陸地の表面積=1.5億㎢」となり、表面積は北半球に偏ります。
緯度ごとの陸地・海洋の比
緯度ごとの陸地・海洋の比

プレートの境界と大地形

プレートの境界

プレート同士の境界には次の3つの種類があります。

広がる境界

広がる境界では、プレートが両側へ広がります。
境界が陸上か海洋上かで形成されるものが異なります。
広がる境界
広がる境界
陸上の場合
陸上でプレートが両側へ広がる場合、境界部分に地溝が生じます。
例:アフリカ大陸のアフリカ大地溝帯
陸上の広がる境界
陸上の広がる境界
アフリカ大地溝帯では、プレートの広がりを埋めようとマグマやマントルが上昇し、中央部に巨大な谷、周囲に高い山・火山・温泉が見られます
アフリカ大地溝帯
アフリカ大地溝帯
海洋上の場合
海洋上でプレートが両側へ広がる場合、境界部分に海嶺かいれい が生じます。
例:大西洋の大西洋中央海嶺
海洋上の広がる境界
海洋上の広がる境界
アイスランドは、大西洋中央海嶺上に位置し、マグマの影響で温泉・火山を有する国家です
大西洋中央海嶺とアイスランド
大西洋中央海嶺とアイスランド
温泉と地熱の蒸気(アイスランド)
温泉と地熱の蒸気(アイスランド)

狭まる境界

狭まる境界では、プレート同士がぶつかり合います。
境界が陸上か海洋上かで形成されるものが異なります。
狭まる境界
狭まる境界
陸上の場合
大陸上でプレート同士がぶつかり合う場合、境界部分に褶曲しゅうきょく 山脈が生じます。
例:アルプス山脈、ヒマラヤ山脈など
陸上の狭まる境界
陸上の狭まる境界
褶曲
褶曲で形成された地形
海洋上の場合
大陸と海洋の付近でプレート同士がぶつかり合う場合、海洋側のプレートは沈みこみます。
境界部分の海底には海溝が生じます。
海洋側のプレートが沈み込んだ先ではマグマが噴出し、海溝に平行するように弧状列島や火山が分布します。
例:日本海溝、日本列島(弧状列島)
マグマ
沈み込んだ海洋側のプレートが運んだ水により融点降下が生じ、大陸側のプレート下のマントルの一部が融解して発生
火山フロント(火山前線)
海溝に平行するように分布する火山のうち、最も海溝側に近いもの同士を結んだ線
海洋上の狭まる境界
海洋上の狭まる境界
世界で水深の最も深い場所は、フィリピン海プレートに沿うマリアナ海溝です。
マリアナ海溝の最深部がチャレンジャー海淵(-10920m)
マリアナ海溝
マリアナ海溝

ずれる境界

ずれる境界では、プレート同士が境界に沿ってすれ違います。
境界では強い地震が発生します
例:カリフォルニア州サンアンドレアス断層
ずれる境界
ずれる境界
*破線は不明瞭な境界
ずれる境界
ずれる境界
ずれる境界の代表例は、アメリカのカリフォルニア州のサンアンドレアス断層で、地震が発生する地帯としてもよく知られています。
サンアンドレアス断層
サンアンドレアス断層
*青線がずれる境界
サンアンドレアス断層
サンアンドレアス断層

世界の大地形

地球上の陸地は、46億年前に地球が誕生して以来、プレートの動きなどによる大規模な変動を受けてきました。
これら陸地は、どの時期を最後に大規模な変動を受けていないかで、次の3つに区分されます。

安定陸塊

長い年月、大規模な変動を受けていないため、侵食で平坦な土地が広がります。
資源としては、鉄鉱石が分布します。
安定陸塊の分布
安定陸塊の分布

古期造山帯

安定陸塊に比べると短いですが、長い年月の侵食で起伏の緩やかな山地が広がります。
資源としては、石炭が分布します。
例:スカンディナビア山脈、ペニン山脈、アパラチア山脈、グレートディヴァイディング山脈、テンシャン山脈
テンシャン山脈はその後の断層活動により隆起し、古期造山帯の他の山脈より起伏大(高い標高)
古期造山帯の分布
古期造山帯の分布

新期造山帯

大規模な変動をうけてから年月が短く、起伏の大きい(標高の高い)山地が広がります
資源としては、石油が分布します。
例:環太平洋造山帯、アルプス=ヒマラヤ造山帯
新期造山帯の分布
新期造山帯の分布
大規模な変動をうけた後、陸地は次の2つの力で様々な地形を形成します。
これらの地形(火山など)は、形成されてからの年月が短い新期造山帯でよく見られます
地震・火山との関係
新期造山帯は、地震と火山活動の分布と重なります
言い換えれば、安定陸塊・古期造山帯は、地震と火山活動が少ないのです。
主な地震の分布
主な地震活動の分布
主な火山の分布
主な火山活動の分布

プレート・境界・大地形の分布まとめ

主要なプレート
主要なプレート
広がる境界
広がる境界
狭まる境界
狭まる境界
ずれる境界
ずれる境界
*破線は不明瞭な境界
安定陸塊の分布
安定陸塊の分布
古期造山帯の分布
古期造山帯の分布
新期造山帯の分布
新期造山帯の分布