概要
物部守屋を滅ぼした蘇我馬子は、厩戸王とともに政務を執りました。新政策の1つは外交で、隋の中国統一という情勢下、朝貢という従来の外交をやめ、隋に対して対等な立場を求めました。使者を派遣するのに先立ち、603年に冠位十二階、604年に憲法十七条が制定されました。交渉にあたり、相応の秩序が必要と考えたからです。
表記について

旧外交の解体

蘇我馬子と厩戸王の協力(崇峻天皇~推古天皇の代)

587年、大臣おおおみ蘇我馬子厩戸王 うまやとおう大連おおむらじ物部守屋を滅ぼしました。
物部守屋の死後に大連は廃絶
厩戸王は、物部守屋との戦いに際して戦勝を祈願し、達成後に四天王寺を創建

四天王寺
大王の崇峻天皇は、やがて蘇我馬子と対立し、暗殺されました。
次の大王推古天皇は、即位後に厩戸王を摂政に任命しました。
大臣蘇我馬子と摂政厩戸王が共同で政務を執りました。

国際情勢の変化―隋の中国統一

589年、が中国を統一しました。
高句麗・百済、そして遅れて新羅が隋に朝貢しました(冊封体制に入りました)。
冊封体制はNo.4の図を参考
高句麗は無礼なことが多く、隋は軍をしばしば派遣

6~7世紀初頭の東アジア
5世紀の倭の五王以降、ヤマト政権の朝貢は途絶えていました。
朝鮮半島の諸国に対して、ヤマト政権が優位に立つためには、隋と対等な関係を結ばなくてはなりません。
600年、ヤマト政権は隋と交渉を試みたが失敗しました。
対等な関係を結べるだけの、地固めをする必要があると浮き彫りになりました。

外交に向けた地固め

役人の序列化

603年、冠位十二階制定
意義:姓では限界のあった役人の序列化

冠位がない場合

役人の道徳

604年、憲法十七条制定
意義:ヤマト政権の方針と役人の心得の明確化


隋・唐との外交

隋への派遣

607年、小野妹子遣隋使として派遣され、隋の皇帝煬帝に国書を渡しました。
隋書倭国伝
中国と対等な立場とは、冊封体制に入らないこと

隋への再派遣

608年、小野妹子が再度派遣され、隋に国書を届けました。
『日本書紀』(720年に編纂)
天皇号
7世紀後半からの使用開始が有力説
高向玄理・旻
大化改新で活躍

隋の滅亡、唐の建国

隋が高句麗の征討に幾度も臨むと、国内で反乱が起きました。
618年、隋が滅亡して、が建国されました。
630年、犬上御田鍬いぬかみのみたすき遣唐使として派遣されました。
以降も、菅原道真が894年に廃止を建議するまでしばしば派遣されました。
犬上御田鍬
最後の遣隋使、最初の遣唐使
◇ヤマト政権(8世紀初頭以降、日本)は、唐の冊封体制には不参入

遣唐使船(復元模型)