概要
馬は古くから陸上移動の重要な手段でした。また、その機動力のために、早くから戦闘にも用いられました。騎馬遊牧民は、強力な戦闘集団をなし、短期間に広大な地域を征服することもありました。このような騎馬遊牧民による遊牧国家は、侵略するだけでなく、オアシス都市の商業民や農耕民と交易を営みながら成立してきました。草原の民とオアシスの民とは、緊張をはらみつつも互恵的であったのです。
表記について

遊牧国家の形成

騎馬遊牧民

アジアの内陸の草原地帯は、乾燥した気候のために農耕に向いていませんでした。
人々は、羊・牛・馬などの家畜を育て、草水を求めて季節的に移動する生活を営みました。
このような暮らしを営む人々を、遊牧民と呼びます。
前9世紀頃には、勝れた騎馬の技術を活かし農耕地帯に侵入する、騎馬遊牧民が登場しました。
この騎馬遊牧民の動きは、世界史のなかで大きな影響をもちました。

「草原の道」

遊牧民は、ユーラシアの東西を結ぶ交易や文化交流にも貢献しました。
この交易・交流のルートは「草原の道」と呼ばれています。

最初の遊牧国家

遊牧民による最初の国家は、前6世紀、騎馬遊牧民 スキタイ 南ロシアの草原地帯に築きました。
スキタイの支配拠点
スキタイの支配拠点

漢と争った遊牧国家

前3世紀頃、モンゴル高原の南部に、騎馬遊牧民 匈奴きょうど が国家を形成していました。
匈奴の統率者は単于ぜんうと呼ばれました。
スキタイの支配拠点
スキタイの支配拠点
銀胡人像
銀胡人像(匈奴の像)
前3世紀末、 冒頓単于ぼくとつぜんう が即位し、匈奴は最盛期を迎えました。
冒頓単于率いる匈奴は、西方の月氏や東方の漢を圧迫しました
漢の 高祖 は、匈奴に敗れて婚姻関係を結ぶなど和親を図りました
しかし、漢の 武帝 が匈奴の勢力を北に退けたため、匈奴は衰えて前1世紀頃に東西に分裂しました。

ユーラシア全域の変動

4世紀、西晋内部の混乱を契機に、華北では 五胡ごこ と呼ばれる諸遊牧民が次々と国を建てました。
五胡の一遊牧民である 鮮卑せんぴ が北魏を建国し、華北を統一しました。
同時期には、 フン人 が西方への移動を続けました。
後にこの移動は、ゲルマン人の大移動の遠因となっていきます。
また、モンゴル高原には柔然じゅうぜん突厥とっけつ・ウイグルなどの遊牧国家が出現します。
このうち 柔然 は、5世紀に強勢を誇りますが、 突厥 に滅ぼされました。

オアシスの民

オアシス都市と「オアシスの道」

乾燥した砂漠・草原地帯のなかで、人々は水を利用できるオアシスに定住し、生活を営んできました。
形成されたオアシス都市は別のオアシス都市と結ばれ、その点々とあるオアシス都市を人々が往来し、「オアシスの道」が形づくられました。
数あるオアシス都市のなかでも、 サマルカンド は、東西交易に活躍したソグド人の中心都市として栄えました。
オアシス
オアシス
サマルカンド
サマルカンド

オアシスの民と遊牧民

オアシス都市の資源や交易の利益は、周辺の国家から狙われました。
ただし、遊牧国家はオアシス都市に対して略奪や支配をおこなう一方で、自分たちの畜産物を彼らの穀物や織物と交換するなど、互恵的な関係も結びました。