西ヨーロッパ中世世界への前史

表記について
概要
古代以来続いてきた地中海世界は、フン人の西進、西ゴート族の移住に端を発するゲルマン人の大移動や西ローマ帝国の滅亡によって、政治的・文化的統一性を失いつつありました。そこにイスラーム勢力がイベリア半島から侵入し、喪失は決定的なものとなりました。

ゲルマン人の大移動

大移動に先立つ時代

ゲルマン人は、バルト海沿岸を原住地としました。
ゲルマン人は、西に勢力を拡大させ、アルプス以北のヨーロッパに住んでいたケルト人を圧迫しました。
紀元前後頃には、ゲルマン人はライン川から黒海沿岸まで広がり、ローマ帝国の領域と接するようになりました。
紀元前後頃のゲルマン人には、社会の階層分化がある程度進み、すでに奴隷もいました
この頃のゲルマン人の生活・慣習は、カエサルの『ガリア戦記』やタキトゥスの『ゲルマニア』に記されています。

ゲルマン人の大移動

ローマ帝政後期頃、ゲルマン人の耕地が不足し、後のゲルマン人の大移動の内的原因を形成していました。
4世紀後半、アジア系のフン人フン族が西に進み、ゲルマン人の一部族である東ゴート族を征服、西ゴート族を脅かしました。
東ゴート族の大半は征服され、また、フン人の西進に圧迫された 西ゴート族 は、376年にドナウ川を渡ってローマ帝国内に移住しました。
西ゴート族の移動は、他のゲルマン諸部族のローマ帝国内への移動を引き起こし、約200年におよぶゲルマン人の大移動を始めました。
410年、西ゴート族はガリア西南部(スペイン・南フランス)に西ゴート王国を建国し、イベリア 半島を支配しました。
西ゴート王国のイベリア半島支配は、711年にイスラームのウマイヤ朝 に滅ぼされるまで続きました

他民族・他部族の動向

フン人の動向

5世紀、フン人(フン族)のアッティラ がパンノニア(ハンガリー)を中心に帝国を建国しました。
ドイツに成立した『ニーベルンゲンの歌』は、この帝国がブルグント族を攻撃したことが題材の一部
451年、カタラウヌムの戦い
アッティラの軍が、西ローマ帝国・西ゴート王国・フランク王国の連合軍に敗れた戦い
アッティラの死後、帝国は崩壊しました。
476年、西ローマ帝国滅亡

西ゴート族以外のゲルマン人の動向

大移動後には、西ゴート族以外にも、次のゲルマン諸部族が建国しました。

フランク王国の成立・発展

メロヴィング朝

メロヴィング朝の成立

5世紀末、フランク人でメロヴィング家出身のクローヴィスが、フランク王国をガリア北部(フランス北部)に建国しました。
この時代のフランク王国を、クローヴィスの出自に基づき、メロヴィング朝と呼びます。
481年、クローヴィスは全フランク人を統一し、フランク王国を強国にしました。

正統派への改宗

当時、ゲルマン人の多くが、キリスト教の異端派とされたアリウス派を信仰していました
クローヴィスは、キリスト教正統派のアタナシウス派 に改宗し、ローマ人との関係を強化しました。

メロヴィング朝の衰退

6世紀、フランク王国はブルグンド王国などを滅ぼし、全ガリアを支配しました。
しかし、8世紀にメロヴィング朝は衰退し、王朝の行政・財政の長官である宮宰きゅうさいが実権を握りました。

イスラーム勢力の接近

711年、イスラーム王朝のウマイヤ朝が、イベリア半島をわたって西ゴート王国 を滅ぼしました
ウマイヤ朝は、さらにピレネー山脈を越えてガリアに侵入しようとしました。
732年、トゥール・ポワティエ間の戦い
メロヴィング朝の宮宰カール=マルテル が、フランク王国領内に侵入したウマイヤ朝軍を撃退した戦い
キリスト教徒と西ヨーロッパに進出したイスラム教徒との戦い

カロリング朝

751年、カール=マルテルの子ピピン は、ローマ教会に認められてフランク王国の王位につき、カロリング朝 を開きました。
ローマ教会の名のもとフランク王国は特別に扱われ、見返りにローマ教会への協力を期待されました。
ピピンは、イタリアのランゴバルド王国から土地を奪い、後の教皇領の起源となる領地をローマ教皇に寄進しました (ピピンの寄進)
このように、フランク王国側からも利害の一致からローマ教会と結びつきを強めていきました。

ローマ=カトリック教会の動向

ローマ教会の独自の歩み

ローマ帝政末期(3世紀末~)、初期キリスト教の五大教会(五本山)が、ローマ・コンスタンティノープル・アンティオキア・イェルサレム・アレクサンドリア にありました。
五大教会のなかでも最有力は、ローマ教会とコンスタンティノーブル教会でした。
476年の西ローマ帝国滅亡後、ローマ教会は、コンスタンティノープル教会とは異なる独自の活動を展開しました。
例えば、6世紀末のローマ教会教皇グレゴリウス1世 は、ゲルマン人への布教をおこないました
結果、ローマ教会は西ヨーロッパに勢力を拡大し、教皇の権威が高まりました。

ビザンツ帝国との対立

初期キリスト教では偶像崇拝が禁じられていました。
しかし、布教の手段としてイエス・聖母マリア・聖人の聖像は都合がよく、多くのキリスト教徒が聖像を礼拝していました。
またローマ教会も、ゲルマン人への布教に聖像を必要としていました。
ビザンツ帝国皇帝レオン3世 は、次の2つの理由から聖像禁止令 聖像崇拝禁止令)を発布しました。
ローマ教会はこの禁止令に反発し、ビザンツ帝国・コンスタンティノープル教会との対立を強めました。
ローマ教会は、ビザンツ帝国皇帝に対抗する政治勢力の協力を求めました。

フランク王国への接近

ビザンツ帝国と対立したローマ教会は、政治勢力の協力が必要になりました。
折しもフランク王国宮宰カール=マルテルがイスラームからキリスト教世界を守った頃でした
ローマ教会はフランク王国に接近し、カール=マルテルの子ピピンが王位を継承することを認めました。
ピピンは、イタリアのランゴバルド王国から土地を奪い、後の教皇領の起源となる領地をローマ教皇に寄進しました (ピピンの寄進)
このように、フランク王国側からも利害の一致からローマ教会と結びつきを強めていきました。