インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化

概要
西アジアで誕生したイスラームは、インド・東南アジア・アフリカにも広がっていきました。これら世界各地へとイスラームが拡大したことには、ムスリム商人が大きく関わっています。ムスリム商人は金・香辛料・陶磁器などを求め、陸路だけでなく海路も利用して交易をおこないました。
表記について

インドのイスラーム化

イスラーム勢力の侵入

7世紀半ば以降、ヴァルダナ朝は急速に衰退・滅亡しました。復習
様々な地方政権が割拠する分裂時代に入りました。
8世紀、ウマイヤ朝のイスラーム勢力がインドへ進出しました。
10世紀末以降 、次の2つのイスラーム王朝がインドへ進出し、イスラーム化が進みました
ヒンドゥー勢力のラージプートは、イスラーム勢力に抵抗できませんでした。
ラージプート
ヒンドゥー教の王朝の王が称した称号

インドのイスラーム王朝

最初の王朝

13世紀 、ゴール朝の将軍 アイバク  は、 デリー  にイスラーム王朝を開きました。
アイバクが奴隷出身であったため、この王朝を 奴隷王朝  と呼びます。
奴隷王朝の後にも、デリーを拠点としたイスラーム王朝が成立しました。
奴隷王朝含め、13~15世紀のこれら王朝を デリー=スルタン  と総称します。

ヒンドゥー教との融合

インドのイスラーム王朝では、ヒンドゥー教からイスラームへの改宗が強制されませんでした。
イスラームは、インド旧来の信仰に共通性があり、都市住民やカースト差別に苦しむ人々に広まるほどでした。
ヒンドゥー教とイスラームの要素が融合した都市が建設され、サンスクリット語の作品がペルシア語へ翻訳されました。
この文化をインド=イスラーム文化と呼びます。
ペルシア語
イラン民族の言語でササン朝ペルシアなどで使われていましたが、イラン系のイスラーム王朝がインドへ進出して伝播
ペルシア語とインドの地方語が融合し、ムガル帝国の時代には ウルドゥー語  が成立しました。

東南アジアのイスラーム化

中国・東南アジアでの交易

8~10世紀初頭-進出と撤退

8世紀、ムスリム商人は 香辛料  などを求めて東南アジアへ、陶磁器などを求めて中国へ進出しました。復習復習
中国の 泉州  広州  などの港町を訪れました。
唐で黄巣の乱復習が起きると、ムスリム商人はマレー半島まで撤退しました。

10世紀後半-再進出と活性化

10世紀後半の宋の時代にも、ムスリム商人が 泉州  ・広州へ来航しました。

13世紀後半-元の海域進出

13世紀後半、元が東南アジアの海上交易路を支配しようとしました。
ベトナムの 陳朝 は元の侵攻を退けましたが 、ビルマの パガン朝  は元の侵攻を受けて滅亡しました
元は ジャワ  にも遠征軍を送りました。
元の進出の混乱下、13世紀末に ジャワ  島に ヒンドゥー  教の王朝 マジャパヒト王国  が成立しました。
マジャパヒト王国に撃退され、元の遠征は失敗に終わりました

イスラーム国家の成立

東南アジア最初のイスラーム王朝

13世紀、ムスリム商人や神秘主義 スーフィズム  の教団が、東南アジアの諸島部を中心に活動しました。
13世紀末、東南アジア最初のイスラーム国家がスマトラ島に成立しました。

イスラーム化の大きな契機

15世紀初頭、 マラッカ王国 がマレー半島に成立しました。
マラッカ王国は海上交通の要衝に位置し、海上交易で繁栄しました
15世紀半ば、マラッカ王国はタイのアユタヤ朝に抵抗するため、王自らがイスラームに改宗し、イスラーム商業勢力との関係を強化しました。
このことは、イスラームが東南アジアに拡大する契機となりました。
イスラームが、東南アジア各地へと広まり、次のようなイスラーム国家が成立しました。

アフリカのイスラーム化

最古のアフリカ人の国

前10世紀、クシュ王国がナイル川上流(アフリカ大陸東部)に成立しました。
前8世紀、クシュ王国はエジプトを支配しました。
前667年、クシュ王国はアッシリアの侵入をうけ、ナイル川上流域へと後退し、 メロエ を都に定めました。
この時期、クシュ王国は製鉄で栄え 、メロエ文字を用いました。
4世紀 、クシュ王国はエチオピアの アクスム王国  に滅ぼされました。

ムスリム商人との交易

7世紀、ガーナ王国が西アフリカ(アフリカ大陸西部)に成立し、豊富な金を産出しました。
ムスリム商人がこの金を求めて訪れ、ガーナ王国は産出した金を塩(岩塩)と交換する交易をおこないました 。 。
1076~77年 、ガーナ王国がイスラームを奉じる ムラービト朝  に攻められ衰退しました。
ガーナ王国の衰退は、西アフリカのイスラーム化の道を開きました。

イスラームの受容

ガーナ王国衰退後、イスラームを受容した次の黒人国家が西アフリカに成立しました。
マリ王国・ソンガイ王国はサハラ砂漠(内陸アフリカ)の交易を支配し、その下で交易都市 トンブクトゥ  が岩塩と金との交易で繁栄を極めました。
また、トンブクトゥにはイスラームの学者が招かれ、イスラーム学問・文化が栄えました

アフリカ南部~東海岸部

11世紀頃から、ザンベジ川流域で  モノモタパ王国  が栄えました。